一晩置いたカレーが食中毒の原因に!?

作った翌日のカレーはおいしいとよく言いますね。カレー

けれど、適切に保存しないと、一晩寝かせたカレーが食中毒の原因になってしまうんです!

食中毒を引き起こすのは、「ウェルシュ菌」という菌です。

聞きなれない菌ですが、食べ物では
ジャガイモ、ニンジン、牛肉、鶏肉などが保菌しており、実は私たちにとって身近な存在です。

ウェルシュ菌が原因で起こる食中毒の症状は、腹痛と下痢です。baikin_genki

ウェルシュ菌は、加熱でほぼ死滅するので、作りたてのカレーであれば安全に食べられます。

しかし、加熱することにより、一部の細胞が、芽胞という、硬い殻を被った耐久型の細菌を形成して休眠状態になります。

その際に毒素を放出します。

菌は45℃で最も効率的に増殖するため、カレーを作って鍋のまま室温に放置するのは危険です。

カレーを翌日以降に保存するには、
 ・別容器に小分けして冷蔵庫保存する
 ・長期保存する場合は、冷凍保存する
 ・上記の方法で3時間以内に20℃以下にする
ということが大切です。

そのため、気温が低い時期だから…と、室温保存するのもおすすめできません。

この菌は、空気を嫌う細菌(嫌気細菌といいます)なので、
保存したものを食べる際には、かき混ぜながら十分に再加熱すれば安全に食べることができます。

これからますます暖かくなります。
料理の保存にはより気を配って、食中毒から身を守りましょう!カレー味見