「押しかけレクチャー」のご紹介

baikin_genki「感染症なんて、私には関係ない」と思っていませんか?

ninshin_boshi_kansen血液を介して感染する主な感染症には、「B型肝炎」、「C型肝炎」、「HIV感染症」などが挙げられます。
この中で最も感染力が強いB型肝炎は、最悪の場合、死に至る感染症であり、女性が感染した場合は、母子感染の可能性もあります。
歯科技工士は、未消毒の印象体や石膏模型を扱いますので、B型肝炎とそのワクチンについての正しい知識を得ておく必要があります。
一方、HIV感染症は、ウイルスに暴露(さらされること)した場合の感染リスクが、HBV(B型肝炎ウイルス)のわずか1/160程度であるにもかかわらず、これを過剰に恐れ、偏見や差別を増長している傾向があります。
私たちは、医療従事者として、B型肝炎とHIV感染症それぞれに対する正しい知識を持ち、適切な対応をしなければなりません。
「押しかけレクチャー」とは、講師・大西先生のボランティア活動の一環であり、詳細は次のとおりです。

 

「押しかけレクチャー」では、こんなことが学べますbenkyoukai_kunrenkou

「押しかけレクチャー」では、こんなことが学べます
・B型肝炎ワクチンって必要なの ・キャリアの女性が出産する時は?
・HIV感染症と、AIDSってどう違うの?
・HIV感染症の予防は?
など、皆さんの感染症に対する疑問にも答えてくださいます。

 講師紹介

「患者さんと歯科スタッフを感染症のリスクから守りたい!」
歯科における交差感染(医療従事者と患者さんの間の相互感染)は、医科に比べ高い可能性があります。
講師の大西正和先生は、この状況を改善すべく、長年歯科技工士として携わってこられた立場から、
全国で開催される厚労省委託事業の「感染症予防歯科技工士講習会」や各地の歯科医師会講習会の講師を務められるなど、
歯科における感染症に対する意識向上に注力されています。

セミナー概要

対象 :歯科技工所、院内ラボ、スタディグループ等の勉強会、新入社員研修等
講話 :「B型肝炎とそのワクチンの基礎知識」と「HIV感染症とAIDSについて学ぼう!」をセット
時間や対象者によって一部内容を改編します。
講師 :大西 正和
大阪大学非常勤講師(歯学部附属歯科技工士学校)
(公社)日本歯科技工士会認定講師
歯科のHIV診療体制整備 歯科技工部会
経費 :会場利用料金(PCとプロジェクタは持参可能、講演料等は一切不要)

職場で感染症対策を取り入れたいけど、正しい知識がない、何から始めたらいいのかわからない、という人にも
わかりやすくお話くださいます。

関心のある方は、下記の連絡先(下記フォームもしくはお電話)からお問い合わせください。

電話 :090-3486-3547  (大西 正和)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

問い合わせ内容